人気ブログランキング | 話題のタグを見る

木村蒹葭堂邸跡

古楽演奏会が開催された大阪市立中央図書館。その敷地内に木村蒹葭堂邸跡の碑を発見。

木村蒹葭堂邸跡_b0063958_1338538.jpg


木村蒹葭堂(きむら けんかどう 元文元年11月28日(1736年12月29日) - 享和2年1月25日(1802年2月27日))は、江戸時代中期の日本の文人、文人画家、本草学者、蔵書家、コレクター。まあ、いろいろな肩書きを持った「知」のスーパーマンですね。

名は孔恭。字を世粛。巽(遜)斎と号し、邸内の井戸より出た古芦根にちなんで室名を「蒹葭堂」と称した。通称は坪井屋吉衛門。

大坂北堀江代々の酒屋に生まれる。本草学を津島桂庵、小野蘭山に学び、『山海名産図会』『本草植物図彙』など関係書多数をものしている。また、儒学を片山北海、画を池大雅に学んだ。珍書、奇書、骨董を集め、文人墨客と広く交わっとのこと。

木村蒹葭堂邸跡_b0063958_13383592.jpgちなみに、右の絵は、江戸時代後期の日本の画家にして、江戸南画の大成者であり、円山応挙、狩野探幽とともに「徳川時代の三大家」に数えられる谷文晁による木村蒹葭堂像。それだけ見ても彼の交流の広さがわかりますね。
 
「これは面白い。」と思ったのは、木村蒹葭堂さん、膨大な量の蔵書を持っておられたことでも有名なのですが、その邸宅後が図書館になっていること。

何かの因縁でしょうか(笑)。
by tetsuwanco | 2007-10-25 12:38 | ちょっと遠出

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30