人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ルガーノ・カルテット演奏会「イタリアの風」@西宮市立大谷記念美術館

7月21日(土)に、西宮市立大谷記念美術館で開催されましたルガーノ・カルテット演奏会に足を運んでまいりました。

俗に言われるところのミュージアムコンサートなんですが、博物館や美術館で開催されるロビーコンサートの類ではなく、同美術館さんは、ソロリサイタルから五重奏団ぐらいのものが開催可能なホールを持っておりまして、出演される方のレベルも高いものがあります。

いつものとおり無料コンサート(事前予約要)だったのですが、無料では申し訳ない素晴らしい演奏でございました。それに、アンコールに3曲も演奏していただけたし(笑)。

と思っていたら、翌7月22日には、全く同じプログラムで、滋賀県のフィガロホールにおいて、コンサートをやっておられるではないか。それも、当日料金4500円で。本当にありがたいというか申し訳ないというか(笑)。

それに、プログラムそのものも、アイネ・クライネ・ナハト・ムジークといったクラシック入門モノから、レスピーギ、パガニーニ、ドニゼッティの弦楽四重奏曲といった、どちらかというと秘曲に近いものまで、ビギナーからどっぷりクラオタまで幅広く充分満足できるものとなってました。

のみならず、アンコールで、ご当地作曲家貴志康一の弦楽四重奏曲「まつり」(世界初演!)とタンゴ名曲の「ジェラシー」と、タマス・マイヨルさんのお国ものモンティの「チャルダッシュ」とというように「これでもか」というサービスぶり。皆さん大満足されたんじゃないかと思います。

これだけヴァリエーションに富んだプログラム構成ですと1つか2つか不出来なものがあるのですが、どれもこれも目が覚めるほど良かったですね。

【プログラム】
モーツァルト  アイネクライネ ナハト ムジーク  
レスピーギ   ドリア旋法による弦楽四重奏曲
パガニーニ   弦楽四重奏曲 第1番 二短調
ドニゼッティ  弦楽四重奏曲 第3番 ハ短調

*アンコール曲
貴志康一 弦楽四重奏曲「まつり」
ガーデ 「ジェラシー」
モンティ 「チャルダッシュ」


ルガーノ・カルテット演奏会「イタリアの風」@西宮市立大谷記念美術館_b0063958_14344887.jpgさて、ルガーノ・カルテットについて。

私は行ったことないのですが、スイスのティツィーノ州の湖畔の街ルガーノ。スイスの湖畔の街ということですから、美しくない分けないのですが(笑)、1987年その、ルガーノで結成された弦楽四重奏団。ということは、今年で結成20周年ということになります。

とはいえ、メンバーに1人もスイス人がいないというのもユニークといえばユニーク。それと、第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが固定されておらず、「この曲弾きた~い」と言った者が第1ヴァイオリンを務めるとか(笑)。それだけ、2人のヴァイオリニストの技量が高く、しかも拮抗しているということなのでしょう。

ヴァイオリンには、スイス・イタリアーナ管弦楽団のコンサート・マスター、タマス・マイヨルと日本フィルハーモニー交響楽団ソロ・コンサートマスターの木野雅之。チェロはスイス在住、スイス・イタリアーナ管弦楽団首席チェロ奏者、山下泰資。ヴィオラには2001年年からサンタ・チェチリア管弦楽団首席ヴィオラ奏者のエンリコ・バルボーニ。

ミラノ、フランクフルトなどヨーロッパ各地での演奏会や放送出演などの活動を続けているとのこと。

ところで、パガニーニの弦楽四重奏曲などでも妙技を披露していただいた木野雅之さん。彼の姿を見るのは久しぶりだったのですが、一層お太りになったんじゃないかな(笑)。休憩時間に、ドラエモンみたいと中学生の女の子が言ってましたよ(笑)。

演奏作品や演奏内容等については、長くなりそうなので、また引き続き・・・
by tetsuwanco | 2007-07-23 12:32 | クラシック演奏会

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30