人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ベルギー王立美術館展(1)ペーテル・ブリューゲル(父)?:イカロスの墜落

今回のベルギー王立美術館展の最大の目玉はピーテル・ブリューゲルの「イカロスの墜落」でしょう。

ベルギー王立美術館展(1)ペーテル・ブリューゲル(父)?:イカロスの墜落_b0063958_22322440.jpg


いきなり、お目にかかれます。それにしても、もう少し大きい絵だとイメージしていたのですが。

この作品は、ペーテル・ブリューゲル唯一のギリシャ神話を題材にした作品。父ダイダロスが発明した翼で空中高く飛んだイカロス。高く飛びすぎて太陽の熱で翼の蝋が溶け、海に落ちて死んでしまったというお馴染みのお話。

この絵の解釈は様々で、ペーテル・ブリューゲルの「バベルの塔」と同じく、神に対する冒涜を表すというのが一般的なんでしょうが、単にそれだけで切り捨てるには不思議な絵です。

この絵だけでは、イカロスは海でもがく両足しか描かれていません。それも本当に小さく。これでは、イカロスかどうかさっぱりわからない(笑)。

それにしても、あまりにも小さく描かれたイカロスに対し、おどろくほど大きく描かれた農作業に従事する民。このアンバランスは何を意味するのでしょうか。

そして、海に浮かぶ廃墟。空を眺める羊飼い。

帆船は港に入ろうとしているのか、それとも出港しているのか?

安易な解釈は避けるべきでしょうね。

ところで、この絵、ブリューゲルの代表作と考えられていたのが、疑問符が付けられているとのこと。構想はブリューゲル自身によるものだが、制作は別人によるものだというのが最近の多数派だそうな。



読売新聞 大阪本社「ベルギー王立美術 館展」 公式サイト
by tetsuwanco | 2007-05-16 22:32 | アート

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30