人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ハンニバル・レクター 女の子と犬はお友達

ハンニバル・レクター 女の子と犬はお友達_b0063958_22473556.jpg今日、神戸三宮のミント神戸のOSシネマズで「ハンニバル・ライジング」を見てきました。それにしてもびっくりなのは、人気の無さ。ゴールデン・ウィーク真っ只中なのに、私が見ていた6時30分からの上映でお客さんたったの12人! まあ、内容が内容だけに、ファミリー向けでないからかも。

見た感想ですが、私は楽しめましたね。確かに、日本文化についておかしいところがあるとか、日本人女優が演ずるべきところを中国人のコン・リーが演じているところの違和感とか不満は無いことはないのですけど、そんなの見る前から判っていたし。それに、コン・リーの代わりに日本人女優の誰が演じられるかというと・・・なかなか難しいところです。

まあ、「羊たちの沈黙」並みを期待すると、そりゃ、皆期待はずれになっちゃいますよ。

今回は悲惨な生い立ちが背景にあるので、例えば、「レッド・ドラゴン」で下手な演奏者を食べちゃうといったブラック・ユーモアの切れ味は希薄なんですが、いくつか、知的なお遊びが楽しかったですね。

ネタばれしないように、いくつかハハーンと気がついたところ取り上げます。

1 何故、ハンニバル・レクターがバッハの「ゴールドベルク変奏曲」を愛聴していたか。何度も、一連のハンニバル・シリーズの中で何度も「ゴールドベルク」を繰り返し使っていてあたかもハンニバルのテーマのようなのですが(笑)、彼は訳有ってずっと悪夢にうなされていたわけですね。あたかも、あのグレン・グールドの唸り声のようにというのは言いすぎか(笑)。

2 フランスのセーヌ・エ・マルヌ県のモーというところがクライマックスの場所となっているのですが、モーは、ブリー・ド・モー、あの有名なチーズの産地ですね。あたかも、チーズナイフのように折れてしまった短刀で、あたかもチーズのように切り裂くのであります。ははは・・・

3 フンパーディングのオペラ「ヘンゼルとグレーテル」の「小人が一人森の中で」が使われていましたが、このハンニバル・レクターの残酷さはグリム童話の残酷さと根っこでつながっているような気がしないでもないですね。グリム童話では、女の子の方がどっちかというと魔女をやっつけちゃうのが、映画では男の子が復讐するわけですけどね。それに、映画でも童話でも鳥が・・・。

4 豚に真珠ならぬ猪に真珠

それ以外にも見直したら、いろいろ発見できそうです。
by tetsuwanco | 2007-04-30 22:43 | スクリーン

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30