人気ブログランキング | 話題のタグを見る

丹生山の麓、山田の里の文化財を訪ねて(7)箱木千年家

箱木家住宅は、806(大同元)年に建てられたという記録が残っており、文字通り1000年以上経った千年家であります。今の建物は、ダム建造のため、1977年にこの移築されたそうですが、それまで箱木家の人々、この家に住んでいたというから凄いといえば凄いといえます。

なお、この千年家、現存する民家の中では日本で一番ものだとか。移築の際に確認されたそうです。あわせて、14世紀(室町時代後期)にたてられた「母屋」とその後に立てられた「離れ」が江戸時代に一つ屋根の下にあわされたということがはっきりしたそうです。

母屋と離れは外見からすればその差異はわかりませんが、内部は歴然とした違いがあります。室町時代に建てられた母屋は吹き抜けとなっており天井がありませんし、土間と板葺きの床で畳葺きとはなっていません。それに当時、かんなというものが無かったのでしょう、鉈を使っていたようですね。

丹生山の麓、山田の里の文化財を訪ねて(7)箱木千年家_b0063958_70521.jpg

    ↑右が室町時代の母屋、左が江戸時代建造の離れ。

丹生山の麓、山田の里の文化財を訪ねて(7)箱木千年家_b0063958_702156.jpg
丹生山の麓、山田の里の文化財を訪ねて(7)箱木千年家_b0063958_703383.jpg

    ↑この上の2つの写真が母屋の内部

丹生山の麓、山田の里の文化財を訪ねて(7)箱木千年家_b0063958_71240.jpg
丹生山の麓、山田の里の文化財を訪ねて(7)箱木千年家_b0063958_711853.jpg

丹生山の麓、山田の里の文化財を訪ねて(7)箱木千年家_b0063958_713859.jpg

    ↑こちらの3枚の写真は江戸時代の離れ。 今から30年前までここに人が住んでいたというのが凄いですね。
by tetsuwanco | 2007-04-22 07:01 | ちょっと遠出

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30