庄司 紗矢香&小菅 優デュオ・コンサート(3)ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番へ短調「熱情」

前回、ベートーヴェンの「熱情」を取り上げた際には、安定した演奏の中に「歌」と暖かさを感じさせ、何度聴いても聴き飽きない演奏としてルドルフ・ゼルキンの演奏を推薦しておりました。

ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番ヘ短調作品57「熱情」

ゼルキン59歳、まさしく円熟期の演奏。もちろん、若い小菅さんの演奏をゼルキンと比較するわけにもいきません。それにCDと実演の比較なんてナンセンスですし。

それでも、強靭な集中力のもと、あれだけ熱く、力強く、骨太の演奏を聴かせてくれては、口が裂けてもケチのつけようがありませんね。

ところで、小菅さんの2005年11月のニューヨークのカーネギーホールでリサイタル・デビューの模様を録音したライブ盤が出ていますが、これが凄い。これに「熱情」が収録されてますね。
ただ、芸術文化センターでの実演とこの収録された演奏を比較して聴いてみたのですが・・・う~ん。

彼女の「熱情」は、現在、進化中? 

b0063958_2253765.jpg


収録曲
1.バッハ:シャコンヌ ニ短調(無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調 BWV1004より)
2.ハイドン:ピアノ・ソナタ第42番ニ長調
3.ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調 作品57「熱情」
4.武満徹:雨の樹 素描
5.シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集 作品6
6.グラナドス:『ゴイェスカス』より第4曲「嘆き、またはマハと夜うぐいす」
7.リスト:「鬼火」(超絶技巧練習曲集より第5番変ロ長調)
8.ショパン:夜想曲第20番嬰ハ短調 遺作
by tetsuwanco | 2007-03-25 22:53 | クラシック演奏会 | Comments(0)

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー