人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラルテ・フィオレンテ第37回演奏会 コスタンツォ・フェスタ「エレミアの哀歌」ほか

ラルテ・フィオレンテ第37回演奏会 コスタンツォ・フェスタ「エレミアの哀歌」ほか_b0063958_6595032.jpg先日の土曜日敢行いたしました「演奏会の梯子」の2つめが、ご贔屓にさせていただいたいますヴォーカル・アンサンブル・ラルテ・フィオレンテ第37回定期演奏会。プログラムは、イタリア音楽興隆の礎を築いたとされるルネサンスの作曲家であるコスタンツォ・フェスタによる「エレミアの哀歌」など。オール・コスタンツォ・フェスタ・プログラム。アンコール曲も2曲あったのですが、コスタンツォ・フェスタのお師匠様にあたる○○○・フェスタなる人の作品。ですから、フェスタ尽くしでありました。

私は、そこそこルネサンス期の音楽を聴いているつもりなんですが、コスタンツォ・フェスタは存じ上げませんでした。どうやら、レオナルド・ダ・ヴィンチと同時代人のようです。まあ、私も生意気なこと言ってますが底が浅いってことなんでしょうけど(笑)。でも、今回のプログラム、かなりいわゆる「クラオタ度」が高い、いやいや、「クラオタ度」では計り知れないディープなところに突入している気がいたします。おそらく一般的なクラシック音楽愛好家はついていけないのではないでしょうか。私は私で、私が良く知っているタリスの「エレミアの哀歌」との比較で楽しめましたけど。ラルテ・フィオレンテを主宰する中川創一氏の意図なんでしょう。私個人は、この路線で突っ走っていただきたいのですけどね。

なお、次回第38回定期演奏会は6月15日、5時から、いつものとおりカトリック阿倍野教会。プログラムはゴンベールの「Media Vita」(人生の半ばで)とのこと。ゴンベールはこの定期演奏会でも何度か取り上げられ、知名度はフェスタよりずっと高いように思いますが、それでもかなりディープでしょう。さあ、また、私をルネサンス・ア・カペラ・アンサンブルの深遠な世界に連れて行ってください。
by tetsuwanco | 2007-03-21 06:51 | クラシック演奏会

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30