人気ブログランキング | 話題のタグを見る

月に因んだクラシック(5)ドビュッシー:月の光(みんなのうた版)

ドビュッシーの「ベルガマスク組曲」を聴いていると、一番有名な第3曲の「月の光」だけ、どういうわけか「歌曲」っぽくて、ひょっとして、この曲、もともと、ドビュッシーさん、念頭に置いていた歌詞もしくは詩といったものがあり、先ず歌曲を作ってから、それをピアノ曲化したんじゃないかなあと、勝手に想像してしまいます。

1970年頃だと思うのですが、どんな歌詞だったか、はっきり記憶しているわけではないのですが、NHKの「みんなのうた」で、ドビュッシーの「月の光」に歌詞をつけたものが放映されたことがありました。たしかに、この「月の光」と言う曲、何かしら、歌詞をつけたくなるような魅力を持っています。ちなみに歌っていたのは芹洋子さん。

月に因んだクラシック(5)ドビュッシー:月の光(みんなのうた版)_b0063958_1254148.jpgなお、NHKは、「みんなのうた」の中から168曲を全12巻DVDに収め発売しており、ちゃんと「月の歌 みんなのうた版」も収録されているようです。もう一度、聴いてみたいとは思うのですが、税込み40,320円というのも(笑)・・・。せめて、ばら売りしてもらえないでしょうかねえ。ちなみに、「月の光」が入っている第4集には、「トレロ カモミロ」や「フニクリ フニクラ」、「ちいさい秋みつけた」などが入っており、なかなか魅力的なラインナップ。第4集だけだったら聴いてみたいと思っているのですけどねえ。

ところで、どうして、ベルガマスク組曲で、「月の光」だけ、歌曲っぽく、異質なのか。
これは、ドビュッシーの「月の光」より前に、フォーレ作曲の歌曲「月の光」があり、ドビュッシーは、やはりそのあたり、意識していたのではと・・・。それとも、彼自身の『艶なる宴』の中の1曲「月の光」となんらか関わりがあるのでしょうか・・・。
by tetsuwanco | 2006-09-25 12:56 | 旬のクラシック

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30