ヘルマン・ヘッセとブクステフーデ

ヘルマン・ヘッセとブクステフーデ_b0063958_23161677.jpgヘルマン・ヘッセといえば、「車輪の下」などで名高いドイツの文豪なんですが、彼の自伝的な小説「デミアン」のなかで、昨日ちょこっとご紹介したブクステフーデの「パッサカリア BuxVW 161について記されていることをご存知でしょうか。それは夕闇迫る頃、主人公が教会の片隅にたたずんでいる時に響いてくるのでありました。

ヘッセは南ドイツのシュヴァーベン地方のカルプ生まれですが、ヘッセの父親は北方ドイツ系ロシア人で、新教布教師。北ドイツのリューベックでオルガニストとして活躍したブクステフーデと全く関係ないとは言えませんね。
by tetsuwanco | 2006-07-01 23:14 | 旬のクラシック

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31