人気ブログランキング | 話題のタグを見る

内藤明美:青柳ものがたり

今回の名倉誠人マリンバリサイタルにおける新演出初演の「青柳ものがたり」を簡単に説明すると内藤明美作曲のマリンバ・ソロ曲「森の記憶」の演奏に小泉八雲作「青柳ものがたり」を要約した字幕と白馬の森の写真を投影したものということになります。

内藤明美:青柳ものがたり_b0063958_803125.jpgところで、小泉八雲の「青柳ものがたり」って、皆さん、ご存知でしょうか。私は、小学生の頃、小泉八雲に出会い、彼の全集を読みあさったのですが、その頃は、「青柳ものがたり」はあまり怖い話ではなかったこともあり、私個人としてのランクは低めの位置付けだったのですが、だんだん私も齢を重ねるうちに、どんどんランクを上げ、今ではトップに昇りつめた、どちらかというと文芸作品としての香りの高い作品であります。

簡単にストーリーを申し上げますと・・・

吹雪の中を旅する若き侍、友忠が、柳のかげの一軒屋に、一夜の宿を求める。
厚いもてなしを受けるが、一人の若い娘、青柳にめぐり合い、恋に落ちる。そして、二人して京へと旅立つ。

しかしながら、京都に着くなり、色好みの大名により、青柳は奪い去られる。友忠は、望みを漢詩に託し、青柳へ文を送るが、文は大名の手に落ちてしまう。

そして、大名は二人の愛の深さに打たれ、青柳は友忠のもとへと返される。

幸せな五年の年月後の朝、青柳は急に青ざめ、倒れてしまう。
「お別れ申さねばなりませぬ。わたくしはもともと、人間ではござりませぬ。私の魂は木。柳の木が私の命。私の元木を切り倒しておりまする。」
青柳の体は、陰も形もなくなり、消えうせる。

出家し、諸国を遍歴する友忠。

あるとき、青柳にであった家を訪ねると、そこには、柳の切り株が残っているるばかり。


ざっとこんな話。下手な作文で(冷や汗)、文学的価値は全く分かっていただけないと思いますので、是非とも小泉八雲の原作をお読みください。

さて、曲の方、「森の記憶」ですが、木のぬくもりと音色の深さに思わず心を奪われると言えばいいのでしょうか。それが、既に過去のものとなってしまった感のある日本の清い精神世界と出会い、散りばめられた和歌・漢詩と融合することにより、格調高さ、日本の美というものを表現しています。

私は内藤明美さんの作品は初めてお聴きするのですが、好感のもてる佳作でありました。

内藤明美さんプロフィール
桐朋大学卒。82年武井賞受賞。82年、88年のMusic Today入選。現在ニューヨーク在住。
98年、第1回コープランド賞を受賞し、コープランドが生前30年間住んだ家に、レジデント作曲家として居住。作品は、欧米、日本のフェスティバルやコンサートで演奏されている。

by tetsuwanco | 2005-10-30 07:56 | クラシック演奏会

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30