「宇宙戦争」は「宇宙戦争(オリジナル版)」を超えたか

「宇宙戦争」見てきました。
b0063958_21174625.jpg

                ↑
               リメイク版

H.G.ウェルズの熱烈なファンには申し訳ないのですが、SF小説としての「宇宙戦争」は、科学や社会が進歩していくなか、どうしてもストーリーが陳腐化してしまうのは止むを得ないところであります。もともと荒唐無稽な話には違いありませんが(笑)。

ですから、これを映画化する上で、いくらCGを駆使し、新たなヒューマン・ストーリーを追加して、スペクタルな感動巨編として再構築したとしても、所詮、A級映画の仮面を被ったB級映画でしかないと感じてしまうのであります。

誤解しないでください。B級映画がA級映画より劣っているという訳ではないのであります。オムライスやカレーライスの楽しみ方や奥深さは、別の意味でフランス料理の1枚のメイン・プラに勝るとも劣らないところであるのと同様、B級映画にはB級映画の楽しみ方があるのですね。

今回のリメイク版に比べると50年前に製作されたオリジナル「宇宙戦争」は、「これはB級映画だ、文句あっか」という潔さとCGに頼らない手作りの味わいがあった気がいたします。
b0063958_21181479.jpg
    
               ↑
              オリジナル版

結論を申し上げます。ネタは明かしませんが、今回登場の宇宙人と、50年前のタコとイカとカニを足して3で割ったような宇宙人を比べてみても、50年前の映画の方が、私にはずっと楽しめたのであります(笑)。
by tetsuwanco | 2005-07-14 12:42 | スクリーン | Comments(0)

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ