プリンス・エドワード島ツアー(18)お待ちかねのロブスターランチ!

b0063958_11200955.jpg

グリーン・ゲイブルズを訪問した後、いよいよお待ちかねのロブスター(オマール海老)ランチです。

場所は、ロブスター漁でも知られるノースラスティコにあるロブスターで有名な店「フィッシャーマンズ・ワーフ・ロブスター・サパーズ&レストラン」。

b0063958_11123824.jpg
キャベンディッシュからもほど近く、土産物も併設されているキャパが大きなレストランということで、どちらかというと団体観光客を対象とするレストランで、あまり期待していなかったのですが、新鮮で大変美味しかったです。良い意味で期待を裏切ってくれました。


b0063958_11243713.jpg

b0063958_11255347.jpg

食べ方の説明を受けたあとやっとゆでたての大きなロブスターが出てきて、思わずツアー参加者から歓声があがりました。


b0063958_11174573.jpg
b0063958_11340017.jpg

蟹同様、食べるときは、口数が減ってしまいます(笑)。

b0063958_11182672.jpg

身がしっかりと詰まっていて、しかも味が濃く食べごたえ十分。

b0063958_11192799.jpg

今まで食べていたロブスターは一体何だろうと思ってしまいます。なお、このロブスター。収穫期の夏に頂くのが一番。シーズンオフだと、冷凍モノになったり、そもそも、ロブスター1匹をいただくのは難しく、ロブスターの身を使ったロブスターロールランチに代わる場合もあるようですよ。

b0063958_11343945.jpg

ところで、一般的にプリンス・エドワード島を含めてカナダでは、溶かしバターに浸して頂くのが一般的だとのことですが、私はレモンを絞ってかけていただく方が、海老そのものの滋味が味わえて、より好ましいと感じました。まあ、溶かしバターでも十分おいしいんですけどね。

付け合わせには、これまた、プリンス・エドワード島名物のポテトが丸ごと1個分添えられていました。ほっこりして、甘くて大変美味だったのですが、何しろボリュームたっぷり。女性などは、残された方多かったと思います。

b0063958_11213586.jpg

そして、デザートに、「ストロベリー・ショートケーキ」。

b0063958_11223882.jpg

ショートケーキと言っても、日本のショートケーキとは全くの別物。いかにも、ホームメード感一杯のスイーツでしたが(笑)、これはこれでおいしくいただきました。



by tetsuwanco | 2019-09-11 11:26 | ちょっと遠出 | Comments(0)

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ