牡丹から芍薬へ @大阪・長居公園

私が長居公園を訪れたのは令和の2日目、52日だったのですが、牡丹はもう最終番で、ほとんど花が散っていました。残念!

b0063958_08474097.jpg
b0063958_08482053.jpg
b0063958_08485368.jpg

その代わりに芍薬が咲き始めていました。

b0063958_08492641.jpg
b0063958_08495721.jpg
b0063958_08502840.jpg
b0063958_08510078.jpg

実は、英語で言うと、牡丹も芍薬も同じ「peony」。つまり、欧米ではあまり区別されてこなかったようですね。

確かにどちらもボタン科ボタン属なので近しい種類なんですが、はなを咲かせる時期も晩春と初夏と微妙に違いますし、花自体も芍薬の方が小ぶりです。

(撮影:52日)


by tetsuwanco | 2019-05-19 08:51 | ちょっと遠出 | Comments(0)

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ