ブログトップ | ログイン

たんぶーらんの戯言

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

嵯峨大念仏狂言秋季公演⑤千本ゑんま堂狂言による「紅葉狩 (もみじがり)」

b0063958_22443882.jpeg

土蜘蛛とともに、スペクタクルで人気の演目である「紅葉狩」。その名のとおり、秋に演じられることが多いかもしれません。

登場人物:平維茂(たいらのこれもち)、太郎冠者、女(鬼神)、神勅

b0063958_22300355.jpg
b0063958_22304056.jpg

様々な武勇伝で知られる平維茂(たいらのこれもち)は、勅命を受け、太郎冠者を従えて信州戸隠山へ鬼神退治に出かけます。

b0063958_22320868.jpg

戸隠山に着いた二人は、辺りの紅葉の美しさに、休息し酒宴を始めます。

b0063958_22325358.jpg

維茂は太郎冠者に紅葉を折って取ってくるよう申しつけます。

太郎冠者が枝に手をのばすと、どこからか不思議な女が現われて、枝を折るのを邪魔します。

b0063958_22333295.jpg

女から事情を聞いた維茂は、女の紅葉に寄せる思いを聞き、女も加えて酒宴を続けます。

b0063958_22362260.jpeg

やがて、維茂と太郎冠者が酒に酔いつぶれて寝込んでしまった事を確かめた女は、維茂から太刀を取り上げ、姿を消してしまいます。

b0063958_22390509.jpeg

女は鬼神の化身だったのです。

そこへ、維茂を心配して神勅が現れます。神勅は眠る維茂に驚き、二人の呪縛を解き、名刀「小烏丸」(こがらすまる)を維茂に授けて去ります。

b0063958_22395220.jpeg

b0063958_22402915.jpeg

目覚めた維茂は全てを知り、勇敢に鬼神と戦い、目出度く退治します。

b0063958_22415978.jpeg
b0063958_22423813.jpeg
b0063958_22431928.jpeg
b0063958_22440202.jpeg
b0063958_22443882.jpeg
b0063958_22454429.jpeg

by tetsuwanco | 2018-11-01 22:34 | ちょっと遠出 | Comments(0)