ブログトップ | ログイン

たんぶーらんの戯言

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

~京都の本能寺に比肩される名刹だそうです~ 尼崎寺町 本興寺


b0063958_07140352.jpg
 

尼崎寺町の中でももっとも大きなお寺本興寺。

b0063958_07143341.jpg
本興寺は、室町時代の応永二十七年(1420)日隆上人により開基された寺院で、法華宗本門流の4箇大本山(京都本能寺・尼崎本興寺・岡宮光長寺・鷲巣鷲山寺)の一つとのこと。本能寺が布教の道場であったのに対し、本興寺は教学の道場として発展したとされるそうです。

b0063958_07201597.jpg
b0063958_07205761.jpg
b0063958_07213408.jpg
b0063958_07220692.jpg

開山堂・三光堂・方丈は室町・桃山時代のすぐれた建造物として国の重要文化財に指定されています。

永らく、尼崎寺町の他の寺院同様、江戸初期尼崎築城の際に現在地に集められとされていましたが、この本興寺は例外で、当初から今の場所で建立されたことが、解体修理の際に判明したそうです。


◆本堂(江戸時代 文政五年 1822年再建、桁行五間梁間六間、入母屋造、本瓦葺)

b0063958_07192974.jpg

◆本興寺三重塔

(昭和四十九年 1974年建立、鉄筋コンクリート製、銅板葺、一辺 5.76m)

b0063958_07113588.jpg
b0063958_07120503.jpg

◆三光堂(重文、桃山時代 慶長二年 1597年再建)

b0063958_07182974.jpg

◆開山堂(重要文化財、室町時代 文明元年 1469年建立、正面入母屋造、撞木造)

室町時代の唐様建築物で当寺開山の日隆聖人像(重要文化財)を安置

b0063958_07125217.jpg
◆大方丈(重要文化財、江戸時代初期)

b0063958_07173490.jpg

◆鐘楼(県文、江戸時代初期 寛永十年 1633年建立)

b0063958_07164389.jpg


by tetsuwanco | 2018-09-15 07:22 | ちょっと遠出 | Comments(0)