ブログトップ | ログイン

たんぶーらんの戯言

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

天龍寺の塔頭・弘源寺 長州藩兵による刀傷

幕末の禁門の変の際には、天龍寺が長州藩兵の宿営地であったこともあり、薩摩藩により焼打ちに遭うという憂き目にあってしまいます。

弘源寺は、お隣の三秀院とともに、被害を免れたとのことで、血気盛んな長州藩兵がつけた刀傷が残っています。

b0063958_08461769.jpg


by tetsuwanco | 2018-03-18 08:46 | ちょっと遠出 | Comments(0)