人気ブログランキング | 話題のタグを見る

越木岩神社の甑岩と椿

越木岩神社の甑岩と椿_b0063958_20261516.jpg


阪急苦楽園駅から北十数分のところに位置する越木岩神社(こしきいわじんじゃ)。

越木岩神社の甑岩と椿_b0063958_20194978.jpg


兵庫県西宮市甑岩町5-4に鎮座する神社。前身は延喜式神名帳に載る大国主西神社であるとされ、女性守護・子宝・安産・商売繁盛のご利益があるとのこと。

本殿の祭神は明暦2年(1656年)円満寺の僧 教順が西宮神社から勧請した、蛭児大神(ひるこおおかみ、戎神)で、この周辺地域に村が形成されていく過程で、地域の繁栄のために西宮神社から蛭子大神が勧請されたとのでしょう。でも、元々は境内にある「甑岩」等の磐座を祀ったもの。自然崇拝が中心であった、所謂古代信仰の時代、当地から北山・目神山や六甲山を一大霊場とした磐座・磐境祭祀のランドマーク・霊岩として「甑岩」が祀られたと考えられています。

越木岩神社の甑岩と椿_b0063958_20203366.jpg


越木岩神社の甑岩と椿_b0063958_20211010.jpg


このあたりは、積み出し港の名を取った御影石(花崗岩)の産地としても有名で、大坂城築城の際に甑岩を石工が割ろうとしたが、割れ目から鶏鳴が湧き上がり、白煙が立ちそれは色を変えながら熱気となり吹き出し、その熱気は不思議な力をもっていて石切職人達は手足をふるわせ、苦しみもだえ、斜面を転がり落ち作業を断念した、との伝説があります。また、徳川氏の大阪城修築(元和6年〜寛永5年:1620年〜1628年)の際、池田備中守長幸(備中松山城主)の家紋が刻まれた当時の石の破片も残っています。

越木岩神社の甑岩と椿_b0063958_20224041.jpg


越木岩神社の甑岩と椿_b0063958_20221418.jpg


境内は約7700m²あり、その森は1974年に兵庫県指定天然記念物ならびに西宮市景観保護樹林に指定され、兵庫県天然記念物である「越木岩神社社叢林」として保護されています。

越木岩神社の甑岩と椿_b0063958_20233456.jpg


越木岩神社の甑岩と椿_b0063958_20242410.jpg


越木岩神社の甑岩と椿_b0063958_20245841.jpg


椿が自生しているとても貴重な森で、ちょうど見頃を迎える3月下旬には、毎年「椿まつり」が開催 されています。

越木岩神社の甑岩と椿_b0063958_20253145.jpg


越木岩神社の甑岩と椿_b0063958_20264310.jpg


越木岩神社の甑岩と椿_b0063958_2027240.jpg




(撮影:3月21日)
by tetsuwanco | 2016-03-28 20:27 | ちょっと遠出

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30