人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「文楽の世界」展

「文楽の世界」展_b0063958_735419.jpg


大阪梅田の阪急百貨店で13日まで開催されていた「文楽の世界」展。無料ということもあって、立ち寄ってみました。

「文楽の世界」展_b0063958_7322765.jpg


大阪が誇る伝統芸能「文楽」ですが、私は今まで、本格的に見たことがないという標準的な関西人。淡路島の福良というところで、人形浄瑠璃は2度ほど、「傾城阿波の鳴門」のさわりを見たことはあるのですが、それだけです。歌舞伎は見るけど、文楽は見ません。どうしてかというと、はっきり言って、面白いと感じないから。歌舞伎にしても、落語にしても、古典を大事にしながらも、古典の枠にはまらない、ちょっと見てみようかなと思わせるもっと近しい新作ってあるじゃないですか。それが、あまり「文楽」には残念ながら感じられないですよね。私だけが知らないのかな。

「文楽の世界」展_b0063958_7343268.jpg


かって^町衆からの絶大なる人気に支えられた文楽。このような伝統芸能は、大衆の人気、下支えがあって“なんぼ”の世界です。私が言うまでも無く、元禄時代、文楽は伝統芸能でなく、ちょっと古くさい言葉ですが「トレンド」であった訳ですよね。

「文楽の世界」展_b0063958_735848.jpg


今でも、赤穂浪士が跋扈した元禄時代の近松モノが人気の中心というのも・・・。



行政の無理解を嘆く前に、やるべきことはあると思うのです。

興味深い展示ではありましたが、残念ながら、今回の「文楽の世界」展では私には見えてこなかったです。
by tetsuwanco | 2015-07-18 07:37 | アート

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30