蜻蛉飛ぶ神呪寺の蓮 @西宮

b0063958_1952938.jpg


名前はおどろおどろしいですが、甲山大師とも呼ばれ、地元では「お大師さん」とも呼ばれている甲山山麓の神呪寺(かんのうじ)さん。

結構、足を運びにくいロケーションなのですが、結構参拝客がおられることにびっくり。ただし、純粋な参拝客が5割、甲山へのハイキング客4割、蓮の写真撮影目的の客1割といった感じでしょうか。

ところで、寺号の「神呪」は、「神を呪う」という意味ではなく、呪文、マントラ、真言とほぼ同義で、仏の真の言葉という意味だそうな。

さて、蓮の花咲く池は、バス停「甲山大師前」のすぐ前です。池には、弁天様と思われる小さなお堂があって、通行できない朱塗りの橋が架けられています。

b0063958_1939504.jpg


b0063958_19402650.jpg


b0063958_19375927.jpg


b0063958_19385192.jpg


b0063958_1942044.jpg


大阪の桜之宮公園や長居公園のように、これでもかというほど大量に咲いている訳でもなく、「えっ、これだけ」という寂しい状況でもなく、ほどよく咲いているという感じ(笑)。

b0063958_19405689.jpg


b0063958_19413121.jpg


何という名の蜻蛉でしょうか。

b0063958_19451969.jpg


蜻蛉が目立つようになってきました。

b0063958_19463053.jpg


(撮影:7月12日)
by tetsuwanco | 2015-07-16 19:49 | ちょっと遠出 | Comments(0)

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ