人気ブログランキング | 話題のタグを見る

バーン=ジョーンズ展(3)「怠惰」の戸口の前の巡礼」

「『怠惰』の戸口の前の巡礼」は、不意に 『閉ざされた庭』にたどり着いた若い男が扉をノックすると、美しい女性の姿をとった 『怠惰』が現れて庭に導き入れようとする場面。チョーサーの「薔薇物語」のワンシーン。

バーン=ジョーンズ展(3)「怠惰」の戸口の前の巡礼」_b0063958_20445337.jpg


《「怠惰」の戸口の前の巡礼 1884年 油彩・カンヴァス ダラス美術館蔵》 

堕落や退廃といったイメージよりもひらすら甘美で無邪気ですらあります。「怠惰」の緑色の衣が、美しい。

『薔薇物語』(ばらものがたり、Le Roman de la Rose)は、中世13世紀フランスの寓意的な物語。

詩人が夢の中で薔薇に恋をする物語に、儀礼、歓待、理性、純潔、危険、恐怖、嫉妬などが擬人化されて登場する。宮廷恋愛、騎士道恋愛の伝統的な作法に沿った内容になっている。 愛の庭園を訪れた詩人が、愛の神の放った矢に射られ、薔薇に恋をする。番人たちが邪魔をするが、困難を乗り越え、詩人が薔薇に口づけすると、薔薇は閉じ込められてしまい、詩人は嘆く・・・。
by tetsuwanco | 2012-09-11 20:38 | アート

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30