人気ブログランキング | 話題のタグを見る

藤ノ木古墳石室の特別公開

金銅製馬具や多彩な副葬品が見つかったことで知られる斑鳩町の藤ノ木古墳(6世紀後半、国史跡)石室の特別公開にゴールデンウィークの最終日である5月6日に、出かけて参りました。

藤ノ木古墳石室の特別公開_b0063958_217334.jpg


何しろ、普段は入れない石室を一目見ようという大勢の考古学ファンで一杯。

藤ノ木古墳石室の特別公開_b0063958_2175285.jpg


同古墳は直径約50メートルの古墳時代後期の円墳。内部は横穴式石室があり、朱塗りの刳抜(くりぬき)式家形石棺が置かれています。

未盗掘の石棺内から精巧な副葬品が数多く出土したことでも有名で、平成20年に周辺整備が完了して以来、町が春と秋に石室内部を公開しています。

藤ノ木古墳は、法隆寺に残る記録には、「ミササキ」「ミササキ山」と記されており、 崇峻天皇陵と記すものもあります。その後、発掘調査が進むに従い、斑鳩地方に勢力を持ったと思われる物部氏、蘇我氏、平群氏等の諸説が提示されていますが、定説化したものはありません。

こちらは、斑鳩文化財センターで展示されている再現石棺と石室。

藤ノ木古墳石室の特別公開_b0063958_21155328.jpg


藤ノ木古墳石室の特別公開_b0063958_2185562.jpg


古墳時代後期、6世紀第4四半期の円墳であると推定されていますので、創建が607年とされる法隆寺と歴史的に近い訳で、ひょっとしたら、聖徳太子は、この古墳に埋葬された人物が誰であったのか、知っていたかもしれませんね。


石棺は二上山白色凝灰岩を使った刳抜式。

石棺の全面には朱が塗布されていました。石室内には石棺北側から馬具などが発見され、又、埋葬後、攪乱を受けていない東枕にした2体の被葬者が確認され、そのそばには、鏡や刀など豪華な副葬品が確認されました。東アジアでもまれにみる優れた意匠や彫金技術を施したもので、金具などにパルメット文など共通の文様を用い、鞍金具には竜・鳳凰・象・などの禽獣文や鬼神像などを透かし彫りし、東アジアの様々な文様が集合したも ので、仏教的要素・四神思想などの呪術的な世界の影響をみることができます。

  
出土した金銅装鞍金具などの馬具類、金銅製の冠や沓(くつ)、銀製塗金空(うつろ)丸玉やガラス小玉などの玉類などおびただしい量の副葬品は、現在 橿原考古学研究所附属博物館で常設展示されています。
        
なお、これら出土した副葬品の複製品(レプリカ)はすぐ近くの「斑鳩文化財センター」で常設展示されています。

藤ノ木古墳石室の特別公開_b0063958_21121773.jpg


藤ノ木古墳石室の特別公開_b0063958_21125091.jpg


藤ノ木古墳石室の特別公開_b0063958_2114456.jpg


勿論撮影不可でしたが、この様な石棺がみつかったということです。斑鳩文化財センターに展示されているレプリカ石棺です。

藤ノ木古墳石室の特別公開_b0063958_21113886.jpg

by tetsuwanco | 2012-05-22 21:16 | ちょっと遠出

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30