人気ブログランキング | 話題のタグを見る

京都最古の禅寺、建仁寺で龍に逢う

京都の祇園に位置する建仁寺というと、鎌倉時代の建仁二年(1202年)、禅宗を日本に伝えた栄西禅師開山の京都最古の禅寺。俵屋宗達晩年の最高傑作である風神雷神図でも有名ですね。

現在、平成26年の「開山千光祖師(栄西(ようさい)禅師)八百年大遠諱法要」の慶讃事業の1つである開山霊廟・本坊方丈 七堂伽藍である法堂の修復工事が行われているのですが、その事業の名誉顧問が何と細川元総理、そして顧問には三千家の家元がそろって名を連ねています。

京都最古の禅寺、建仁寺で龍に逢う_b0063958_8201021.jpg


細川元総理が名誉顧問となっているのは、建仁寺は禅寺として武士との繋がりも深く、中世には、細川家の菩提寺だった縁から、そして、表裏千家、武者小路千家家元の顧問就任は、栄西禅師が初めて日本にお茶を紹介したことによるのかな。

そういえば、細川さんのご先祖である細川ガラシャの墓も、千家のルーツである千利休のお墓も臨済宗の大徳寺の塔頭にありましたね。

今回、建仁寺を訪問させていただいたのは、龍に逢うためです。来年は辰年ですしね。もちろん、京都には龍の襖絵や天井画がある社寺仏閣は数あれで、こちらの龍ほど迫力満点の大きなものは、おそらくないんじゃないかと思っています。

さて、拝観受付でこんなもの見つけました。

京都最古の禅寺、建仁寺で龍に逢う_b0063958_8205177.jpg


写真撮影OKだとのこと。珍しいですね。そしてわかりやすい。キース・ヘリング風ですね(笑)。描かれたのは絵心のある方によるものとお見受けいたしました。

どうやら、こちらにある国宝の風神雷神図をほじめ・・・

京都最古の禅寺、建仁寺で龍に逢う_b0063958_8213643.jpg


重要文化財指定の襖絵は、高画質デジタル複製になっている所以であるようです。もちろん、襖絵自体、芸術作品として素晴らしいのですが、それをこれだけ正確に表現されたものを作ることができる日本の技術力ってやっぱり凄いなあと思ってしまいますね。

先ず、最初にお目に書かれた龍は、桃山時代から江戸時代初期に活躍した海北派の始祖海北友松によって描かれた雲竜図です。

京都最古の禅寺、建仁寺で龍に逢う_b0063958_823124.jpg


おそらく、彼の代表作。最も有名なものの一つですね。もともと、海北友松は、浅井家の家臣ですので、どことなく、武人らしい気迫が感じられますね。

京都最古の禅寺、建仁寺で龍に逢う_b0063958_8221932.jpg


京都最古の禅寺、建仁寺で龍に逢う_b0063958_8223679.jpg


そして、法堂(ほっとう)の天井画の「双龍図」。実はこの龍がお目当て。平成十四年創建800年を記念して「小泉淳作画伯の筆によるもの。おそらく、京都では最大でしょう。

京都最古の禅寺、建仁寺で龍に逢う_b0063958_8241753.jpg


大抵、龍って、怖い顔しているのですが(笑)、こちらの龍は結構ひょうきんでユーモラス。

京都最古の禅寺、建仁寺で龍に逢う_b0063958_8244026.jpg


何気に、優しいお顔の龍ですね。

京都最古の禅寺、建仁寺で龍に逢う_b0063958_8245861.jpg


それにしても、大迫力。

そして、龍以外にも、

馬やうさぎが描かれた襖絵(両方とも橋本関節画伯筆によるもの)もありますので、辰年のみならず、午年や卯年にも、建仁寺にどうぞ(笑)。

京都最古の禅寺、建仁寺で龍に逢う_b0063958_8255239.jpg


京都最古の禅寺、建仁寺で龍に逢う_b0063958_826550.jpg

by tetsuwanco | 2011-12-30 08:27 | ちょっと遠出

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30