人気ブログランキング | 話題のタグを見る

忘年会でてっちり @割烹 紫匂

毎年この時期になると、鍋が恋しくなります。そして、鍋というと、やっぱり関西では、キング・オブ・鍋の「てっちり」です。

今回、阪急三宮駅から徒歩5分の割烹「紫匂」さんで「てっちり」をいただきました。

先ず、皮のにこごり、たたき、湯引きの3品。食感の違いを堪能できます。

忘年会でてっちり @割烹 紫匂_b0063958_15124845.jpg


どの一品も、一手間多くかけていて、実に丁寧な作りです。特に、ふぐのたたきっていいですね。中身が生のままの状態になるように、表面だけを強火でサッと焼き上げることにより、新鮮なふぐのうまみをぎゅっと閉じ込めています。

皮のにこごり

忘年会でてっちり @割烹 紫匂_b0063958_15133330.jpg


たたき

忘年会でてっちり @割烹 紫匂_b0063958_15144830.jpg


ゆびき

忘年会でてっちり @割烹 紫匂_b0063958_15141713.jpg


てっさ

忘年会でてっちり @割烹 紫匂_b0063958_15151050.jpg


てっさが出てくると、ぐ~んと盛り上がってきます(笑)。
見事なうすづくりです。皿の文様が浮き出ています。このあたり技を感じさせてくれます。

忘年会でてっちり @割烹 紫匂_b0063958_15152834.jpg


コースで6,000円そこそこですので、もちろん、養殖もののトラフグなんですが、この身の薄さにして、この歯ごたえ。充分満足です。最近、ふぐのぶつ切りを出すお店もありますが、あれって、歯ごたえの無さをカモフラージュしているんじゃないかと。

焼き白子です。

忘年会でてっちり @割烹 紫匂_b0063958_1516236.jpg


少し炙った焼き白子は実に美味いですよね。焼き上がった外側の膜と中の濃厚な中身が魅力です。これを見るとあの映画「おくりびと」の1シーンを思い出します。山崎努さん演じる納棺屋さんの社長が、「これだって遺体だ」といい、「生き物が生き物を食って生きている」、「申し訳ないけど美味い」と、ふぐの白子を美味しそうに食べるのであります。映画館でこのシーン、ほんとうに「白子」を食べたく思ったのは私だけではないでしょう。

そして、てっちりです。

忘年会でてっちり @割烹 紫匂_b0063958_15162594.jpg


割安のふぐのチェーン店でよくあるのですが、ふぐのボリュームがあるに見えて、アラばかりというケース。もちろん、味を出すにはアラなんですけど、アラばかりだとテンション下がります。紫匂さんでは、そんなこと全く無しです。そして、お味の方も文句無し。

忘年会でてっちり @割烹 紫匂_b0063958_15164693.jpg


そして、お待ちかね「ふぐ雑炊」です。

忘年会でてっちり @割烹 紫匂_b0063958_1517844.jpg


ふぐの身やアラからうま味たっぷりのだしが出ていて実に美味。てっちりの〆をぜいたくに味わえ、日頃の憂さを晴らして幸福になれます。まさに、忘年会に相応しい一品です。

◆紫匂 (しこう)
神戸市中央区北長狭通2-1-1 パープル山勝ビル3F
TEL 078-322-3645
営業時間 11:30~14:00 17:00~21:30
定休日:日
by tetsuwanco | 2011-12-29 15:18 | グルメも文化!

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30