人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アンネのバラ教会 ~アンネのお父さんから実際贈られたバラ~

西宮の甲陽園にあるアンネのバラの教会は、アンネの日記で知られるアンネ・フランクの生誕五十周年を記念し創設された教会。アンネの父オットー・フランク氏との交流が、この教会設立の契機となったとのこと。

アンネのバラ教会 ~アンネのお父さんから実際贈られたバラ~_b0063958_2310876.jpg


アンネ・フランクの記念品などを所蔵する聖イエス会の教会で、館内にはアンネフランク資料館が併設されています。

教会の「アンネの庭」一面に咲く黄金色のバラは、「アンネの形見のバラ」と呼ばれているもの。アンネを偲んで、フランク氏の庭でも大切に育てられていたものを、1972年のクリスマスにフランク氏より友情のしるしとして譲り受けられた「真正」の「アンネのバラ」です。

アンネのバラ教会 ~アンネのお父さんから実際贈られたバラ~_b0063958_2311257.jpg


つぼみは赤く、開花すると黄色がかったオレンジになり、成長とともにピンク、赤へと色を変える珍しい品種のバラです。

アンネのバラ教会 ~アンネのお父さんから実際贈られたバラ~_b0063958_23114534.jpg


アンネのバラ教会 ~アンネのお父さんから実際贈られたバラ~_b0063958_2312231.jpg


アンネのバラ教会 ~アンネのお父さんから実際贈られたバラ~_b0063958_23121835.jpg


アンネの像はバラに囲まれて立っているのですが、その土台部には、アンネの日記より”I shall work in the world for mankind(私は人類のために世界で働きます。)“と記されています。

アンネのバラ教会 ~アンネのお父さんから実際贈られたバラ~_b0063958_23123629.jpg


アンネのバラ教会 ~アンネのお父さんから実際贈られたバラ~_b0063958_2313336.jpg


この言葉を聞くと、アンネと同じくユダヤ人でありながら、第二次世界大戦時、危うく命を落とすところを生き延びた大女優オードリー・ヘップバーンを思い出さずにはいられません。華やかな女優としての人生を捨て、癌に冒されながらも、ユニセフの親善大使として、世界中どこでも苦しむ子供逹のいる場所へ駆けつけた彼女。

「私は人類のために世界で働きます。」彼女はアンネの強い意志を引き継いでいたと感じざるを得ませんね。

(撮影:5月24日)
by tetsuwanco | 2009-05-26 23:14 | 未分類

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30