法善寺横丁のシンボル水掛け不動

「水かけ不動」の名で親しまれている、法善寺の西向不動尊は、もともと、お供え物を持ち合わせていなかった参拝客が、思わず水をかけて手を合わせたのが始まりだと伝えられています。それ以来「水かけ不動」として有名になったとのことです。

b0063958_21283749.jpg

もともと、不動(明王)は、火の中に住まわれているとのことですので、水とは相いれないようのも思えるのですが(笑)。

b0063958_21275059.jpg

苔に包まれてすっかりきれいな緑色になったお不動さんの姿を見れば、たくさんの人たちが水をかけて願いをこめてきた歴史の長さが偲ばれます。


「水をかけて、願もかける」という、語呂合わせの意味もあるそうです。


by tetsuwanco | 2017-07-09 21:37 | ちょっと遠出 | Comments(0)

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31