神戸市立森林植物園・ロックガーデンに咲く花々 ③熊谷草

b0063958_16100894.jpg

クマガイソウという名前の由来は、唇弁と呼ばれる花の袋状になった部分を熊谷直実(源平・鎌倉時代の武将)が背中に背負った母衣(ほろ)に見立てて名付けられました。属名のキプリペシジウムはキプロス(ビーナスの島)とペディロン(上靴)の二語から来ており「ビーナスのスリッパ」という意味で、これも花の形から由来するとのことです。

b0063958_16103483.jpg

(撮影:55日)


by tetsuwanco | 2017-05-19 16:11 | 神戸 | Comments(0)

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ