神戸市立森林植物園のハンカチノキ

シャクナゲ園にハンカチノキが1本あります。

白いものは花ではなく、葉っぱです。

b0063958_21462531.jpg

花についた白い大きな2枚の苞葉が垂れ下がりよく目立つため、日本では「ハンカチの木」の他に、「幽霊の木」などとも呼ばれています。

b0063958_21470794.jpg

ハンカチノキは一属一種で、中国の南西部、四川省や雲南省を原産地とし、標高1500メートルくらいの森に自生する落葉高木です。

ハンカチノキを世界に紹介したフランス人神父アルマン・ダビットは、ジャイアントパンダの発見者でもあり、「植物のパンダ」と呼ばれることもあります。

b0063958_21460594.jpg

垂れさがった白い“ハンカチ”が初夏の風にそよそよと揺れています。

(撮影:55日)


by tetsuwanco | 2017-05-17 21:48 | 神戸 | Comments(0)

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ