ブログトップ | ログイン

たんぶーらんの戯言

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
プロフィールを見る
画像一覧

ルーヴル美術館展鑑賞前にオ・タン・ペルデュでランチ

京都市美術館や国立美術館からすぐ近くということもあり、ランチに重宝しているのが、「オ・タン・ペルデュ」という総菜店も兼ねたサロン・ド・テです。

b0063958_1846259.jpg


あくまでも、サロン・ド・テですので、本格的フレンチのランチを期待するのは、野暮というものです。ちなみに、このお店は、京都のフランス料理の老舗「ベル・クール」の系列店。

b0063958_1847441.jpg


お店は、白川に面していて、オープンテラスで川のせせらぎを効きながら食事をするのもいいですね。

人気店にもかかわらず、予約を取らないので、午前11時の開店早々、席が埋まってしまうので要注意。

お昼時は、ア・ラ・カルトも可能ですが、皆さん、3種類(A~C)あるムニュ(サロン・オベピーヌ)をオーダーされています。いずれも、本日のポタージュ、パン、飲み物が付いています。

A:京都ポークのロースト(プロヴァンスのハーブでおいしくロースト)、蕪と鶏胸肉のサラダ、ジャガイモのグランタン サヴォア風
B:キッシュロレーヌ、スモークサーモンのサラダ、カニのムーストマトのジュレ、
C:オベピーヌ・サラダ(アスパラガス、トマト、三度豆、パルメザンチーズ・・・)
スコットランドサーモンの燻製、ズッキーニの詰め物グラタン

迷いましたがAをチョイス。

スープは白菜と玉葱のポタージュの冷製仕立て

b0063958_18475461.jpg


b0063958_18481129.jpg


こういう感じでサーブされます。

b0063958_18484340.jpg


b0063958_1849250.jpg


b0063958_18492498.jpg


b0063958_18494113.jpg


ドリンクは、シャンパーニュ。

b0063958_18501267.jpg


なお、量的には、ちょっと少なめということもあり、デザートをいただくことに。

店名はマルセル・プルーストの長編小説「失われた時を求めて」に因んでいるのだと思うのですが、同小説で登場するコメルシー風マドレーヌも気になったのですが、ババを頂くことにしました。

b0063958_18503771.jpg


何分ババが好物なもので(笑)。

◆オ・タン・ペルデュ (AU TEMPS PERDU)
京都市左京区岡崎円勝寺町64-1 パークハウス京都岡崎有楽荘 1F
TEL:075-762-1299
交通手段
京都市営地下鉄東西線「東山駅」から徒歩5分 
営業時間:11:00~19:00(L.O.18:30)
定休日:月曜定休(祝日の場合は営業)・火曜不定休あり
by tetsuwanco | 2015-07-13 18:51 | グルメも文化! | Comments(0)