ブログトップ | ログイン

たんぶーらんの戯言

京阪神の地域密着情報を中心に情報提供します


by てつわんこ
プロフィールを見る
画像一覧

おそらく関西一の河津桜の名所、京都・伏見区の淀水路

早咲きで有名な「河津桜」はなんといっても発祥の地である伊豆の河津のものが何と言っても有名ですが、関西で最もまとまった数の「河津桜」を楽しむことができるのは、京都・伏見区の「淀水路」でしょう。

b0063958_22212183.jpg


b0063958_22221721.jpg


もちろん、スケールからして、本家の河津桜にはかないませんですけど(笑)。

b0063958_2222549.jpg


b0063958_22234017.jpg


場所は、「天皇賞」や「菊花賞」の開催地として知られる「京都競馬場」からほど近いところ。京阪電車の淀駅の南側徒歩10分程度の距離。

b0063958_22242210.jpg


b0063958_2225695.jpg


満開を迎えたという情報を得て、一足早い花見を楽しんできました。

b0063958_22254050.jpg


b0063958_22262045.jpg


早咲きで有名な「河津桜」ですが、そんな河津桜でも、とびきりの早咲きのものや、普通に早咲きのもの、河津桜としては遅咲きのものなどいろいろあるようで、もうすっかり葉桜になっているもの、これから見ごろを迎えるものもありました。

b0063958_2227416.jpg


b0063958_22274419.jpg


付近に駐車場がほとんど無いため、車で行かれる際にはご注意ください。

b0063958_2228576.jpg


b0063958_22294560.jpg


この河津桜は、伏見区淀新町の住民らが、2002年に荒れていたこの水路沿いを美化するために、自発的に育て始めたもので、今までに淀水路を中心に約200本の河津桜が植えられたとのこと。

(撮影:3月25日)
by tetsuwanco | 2012-03-28 06:10 | 神戸 | Comments(0)